2011年02月26日

新春シャンションショー

怒濤の一週間が過ぎ、少し自由な時間が持てる週末なので、『さぼおやじ 新春シャンションショー』に行ってきました。
いわゆるゆうちゃんのイラスト展です。毎年やってはると思うのですがおじゃまするのは初めてです。
去年はテレビでも紹介されたりして、嬉しかったのです。
大先生には会えなかったけどグッズもちょこっと買ったし、ついでに心斎橋のアップルストアにも寄れたしなかなかよかった一日でした。卯っexclamation×2
卓上カレンダーとしおり

posted by ichimi at 19:21| Comment(0) | お散歩

2011年02月20日

19年目

今日は「いっきゅ」の創立記念日でした。って自分でいうのも照れくさいような言葉ですが一応19年たちました。
名前が「いっきゅ」だしちょうど19年目だし盛大にお祝いして、お取引先、お世話になった方々、友達などに豪華記念品を配ってホテルでパーティなどと思ったりしたのですが(大嘘)何もせず普通の日曜日を過ごしました。てへ
写植機
写植機
FH020007.jpg
電算機

上記の機械達にはとてもお世話になりました。毎日毎日遅くまで働けるだけのお仕事もあってよかったのですが、もうこんなむつかしい機械も扱えないし、遅くまで働く気力も体力もありまへん。
パソコンで何でも出来るようになってなんと簡単で楽になったことでしょう。値段が安くなるのも仕方ないですよねぇと思ったり。

ということで(?)明日からもまたボチボチやりま。みなさんボチボチとよろしゅうに。

posted by ichimi at 21:01| Comment(3) | 日常

2011年02月19日

HB

ホームベーカリーでパンを焼くのに昨年は「はるゆたか」を買っていたのですが夏の天候不順で思うように獲れなくなったそうで手にはいりにくくなっていました。なので最近はコストコで買う小麦だったり「春よ恋」だったりしています。
小麦粉によってタンパク質の量がちがうので焼き上がりが微妙に変化します。ふわぁ〜と焼けてるのが好きな人とかしっかりカチっと焼いてるのがいい人とかいろいろですからね。
ホームベーカリーを買うまでは疑心暗鬼でしたがHBで焼いてみて、もうどこのパンも買う気がしなくなりました。
うちで焼いたパンが一番おいしいです。(パナソニックさんのお蔭ちゅうもんですが)
ということで、以前から友人たちに教えてもらってた伊勢丹の地下にある強力粉や薄力粉、ケーキの材料などそろってるお店に行きました。
ウハウハとたくさんの種類のお粉があるではあーりませんか!
まだまだ家にはお粉の取り置きがたっぷりあるのですが、つい買ってしまった「はるゆたか」と、ここのお店のオリジナルブレンド。
強力粉

ついでにちっちゃな瓶に入ったジャムとジャム用スプーンも買いました。(かわゆい)
む・む・むさんにいただいたジャムと自家製のいちごジャムとそれに今日買ったこのジャムで朝からパン三昧ですじゃ!

posted by ichimi at 16:42| Comment(0) |

2011年02月17日

壊れた

ガァーーーンとショックな出来事。デジカメの液晶画面が壊れました。
画面は見えないけど写真は撮れるみたいなんです。(下)
銀次郎

メーカーの修理窓口に電話をしたら最低1万円かかりますと言われ、どひゃ〜と思って「考えてからまた電話します」と言ってしまった。保証がきかない修理なので実費だそうです。もうやだ〜(悲しい顔)
こういう時ファイダーがあるカメラだと助かるのですが。
だいたいのところでシャッター押したら撮れるのでしばらくこのままでいくかな?とか思ったり。どうしましょう?

posted by ichimi at 19:01| Comment(0) | 日常

2011年02月15日

情景

言葉を一つずつ読み重ねていく毎に、そこで表現されている情景が頭の中にパァーーーと広がっていくって気持ちいいですよね。
そういう小説は読み終わっても作中人物のその後がとっても気になります。何気なく考えていることが小説の中の登場人物のことだったりして、あれは小説小説、架空のお話でっせと自分に言い聞かせたりして。そこまでいってると作家の術中に完全にはまってますけど、そういうのって楽しいんです。
読み終えるのがおしくて少しずつ少しずつ読みたいような、早く先を知りたいような、複雑な心境です。子供みたいかな? 
なかなかそういうお話には出会えませんが、その楽しいお話に少し絵がついていて動きがあったらもっと楽しい。ページをめくると音が聞こえてきたりしたらもっと楽しい。「なんだか怖くてぞわりとした」とか書いてあるところではぞわりと音が出たらなおびっくら! 映画のようですがそうではありません。マンガでもありません。電子ブックって工夫次第でたくさんの試みが出来るだろうなとワクワクします。

iPad版で楽しいお話をたくさん読んでみたいと強く思う昨今。と言ってもiPadは持っていませんがそろそろiPad2が登場するのでしょうか。本屋さんは本屋さんの楽しみがありますが電子書籍は電子書籍の楽しみが広がっていくだろうと期待しています。
posted by ichimi at 21:00| Comment(0) | 読書

2011年02月14日

どんどん目が

どんどん目が悪くなるので『どんどん目が良くなるマジカル・アイ』を買いました。
どんどん目が良くなるマジカル・アイ

何かに良いと言われるとついふらふらっと倒れてしまいます。
一日3分見つめるだけで視力が回復する!のかな? 見てると立体的にいろいろな形が表れてとっても楽しいのでこれなら続けてやれそうな気がします。本当に目がよくなったら嬉しいけど老化現象には効かないと思うのですが、どうでしょう?
本を買わなくてもこんな検索したら出てきます。結構綺麗に見れるのでやってみてもいいかと思うです。

目への効果のほどは後日Twitterにてつぶやくかもしれませんし、つぶやかないかもしれません。(^_^;

posted by ichimi at 21:00| Comment(2) | 日常

2011年02月11日

クッキー型

いつもクッキーはスプーンでペタっと生地を置いてそのまま焼いていたのですが、無印で見つけたので猫の型をちょっと前に買いました。
しっぽが細くてうまくいきません。うーん、私がどんくさいからでしょうと思ってるのですが、今日また犬の型を見つけてしまい買ってしまったぜ!
クッキー型
明日作ってみようかな。
 (うまくできたかどうかはTwitterでご覧あれ)

posted by ichimi at 22:08| Comment(0) |

2011年02月10日

バレンタイン

ベアリスタ

またまた今日到着した新しいベアリスタです。睫毛ありますねん。
日本のスタバでも売ってたの知ってるのですが(コスチュームはちがったかな?一緒かな?)睫毛に違和感があってほしいとは思わなかったのです。でももらったもんしょーがない(笑)大切にします。
一緒にアメリカのド甘いチョコレートもついてました。半分食べたけど、うへぇ〜って感じで途中棄権。
明日抹茶のチョコ買ってきて送ることにします。たぶん『何これぇ〜!?』(←英語で)と言われるだろうと思うのですが。
posted by ichimi at 21:13| Comment(0) | 日常

2011年02月08日

Lite版

さっきH子ちゃんから電話がありました。
「○○さん(←私のこと)あんなぁ〜」
彼女の場合、こういう言い出しの時は必ずお願いがある、または相談があるに決まっているので
「どしたん?」と聞くと
「デザインフォントでな、今ちょっと流行ってる和風でもないのやけど、太くもなくてちょっとはねてて、楷書とかとちごて……。わかる?」
「わからん、言葉で説明してもろてもそういうのはイメージつかめんし」
「そやんなぁ、でもそのフォントが欲しいねんけど、どうしたらええやろ?」
(中略)
「金文体ってのは? メーカー行って調べてみたら」
「うん、ほな行ってくるわ。」
ということで電話を切りました。

30分ほどしてまた電話があって
「唐草とか天真とか言うのやったわ。そやけど1書体3万円以上するし、高すぎて買えへん。パックになって2万円弱位で売ってくれたらええのに。」
とのこと。
どんな書体かと思って私も見てきましたがホント3万円以上するものばかり。でも確かにおもしろい書体です。

話は少し変わりますが私たちの仕事には必須のアプリ、アドビの製品はもっともっと高いです。
以前から思っているのですが、どんどん便利な機能をつけていくのもいいですが、3Dなどの絵を簡単に描けることもいいですが、そういう機能ははしょってもらって、もっとLiteなバージョン出してもらえないでしょうか。
正規版のイラストレーターが8万円ならLite版は3万円ほどで売ってもらえたらもっと売れると思うのです。
それなら買いたいといううちらみたいな小規模な同業者はいっぱいいると思うのですがねぇ。

逆に(←この言い方嫌い)安くなったら誰でも買えて、うちらのような業者は必要でなくなるのかもしれませんけど。へへ
posted by ichimi at 21:57| Comment(0) | 日常

2011年02月06日

立木山

立木山
えっこらしょっと立木山登ってきました。階段700段です。あぁ〜しんど。足がわろてます。
境内
登ったらこんなとこ。しかしここで働いている人は毎日この階段登ってはるのでしょうか。そらそやわねぇ。裏にエレベーターあったらこけるけど。
上はさぞ見晴らしがいいだろうと思っていたのですが、遠くを一望に見渡せる場所がわからないまま帰りの階段をまた700段下りて帰ってきました。明日の私の足はどうなっているでしょう?一歩も歩けなくてどこへも行けなかったらすんません。
posted by ichimi at 19:09| Comment(0) | お散歩