2017年05月18日

名前はタロちゃん?

用意万端準備した小さなケージを車に乗せて出発しました。
RI001593.jpg
さてこの中には何が入るのでしょう?

なんと生後ほぼ一ヶ月の子猫です。
RI001599.jpg
RI001603.jpg
めちゃくちゃ小さい。小鉄を飼いだした時は生後一週間だったからもっと小さかったんですがこの子より小さかったのかしら? 目もまだ青いところがあってしっかり見えているのか見えていないのか。とにかく可愛い子猫を飼うことに....した

大阪の友達のところまでケージを貸してあげる為に持って行ったのです。元気に育ってね。
posted by ichimi at 17:10| Comment(1) | Dog&Cat

2017年04月26日

メソメソ、モリモリ

少し前から具合が悪そうでした。お口とお目々とのどかな? 時々ほんまにおっさんちゃう?って咳が聞こえていました。「裏にどっかのおっさんいるわ!」と思って慌てて見に行くとこの子だったのです。
IMG_6255.jpg
そして昨晩、もうふらふらで私の車の下でうずくまっていました。寝る前に見に行ったら車の下にはもういなくて少し離れたおうちの前まで行っていました。追いかけてもどうしてやることも出来ないし死に場所を探しているのならそれはそれで仕方ないと思うことにしました。
今朝起きると近所のおうちの前で死んでいました。人に見つからない死に場所までたどり着く事が出来なかったのでしょうか。連れてきて箱に入れました。

下の2004年頃の写真、左端に写っている子です。小鉄と姉妹の猫です。
DSC02001.jpg
真ん中にいるのがお母ちゃん、後ろにチラっと見えているのも姉妹です。今はみんな死んでしまって最後に残ったこの子も今日いってしまいました。(まだ小鉄がいるけど)
裏に来ていた野良猫たちはこれで全ていなくなってしまい、一つの季節が終わったなぁと思いメソメソしながら朝ご飯をモリモリ食べていた今朝です。

posted by ichimi at 19:24| Comment(1) | Dog&Cat

2016年11月03日

小鉄の皮膚が

数年前から夏になるとお腹が赤くただれているのを知っていたのですが寒くなると治ってくるので見て見ぬ振りをしてきました。
今年は例年より少しひどくて肛門の横にもなんかできてるみたいに赤赤になってました。(肛門の横なので写真ははぶく)
RI000917.jpg
もうしゃーないわと思ってなんとかカゴに押し込めて獣医さんに連れて行きました。

↓獣医さんでの様子。
IMG_3600.jpg
IMG_3601.jpg
怖いので私が座っている側ぎりぎりまで近寄ってきています。

でもこの部屋に興味津々なのでへっぴり腰のままキョロキョロ。(スックと立ち上がれないとこが情けない)
IMG_3602.jpg
IMG_3604.jpg
皮膚検査の結果、猫特有のアレルギーとかなんとか(いろいろ言われたけど忘れたし)
飲み薬をもらってきて飲ませていますが少しずつマシになってきたような....。治らなかったらまた連れていかねばならないのでそれは避けたい。飲み薬で治ってね。
posted by ichimi at 20:09| Comment(1) | Dog&Cat

2016年01月05日

お刺身のタイムセール

小鉄の叔母にあたるネコが来なくなりました。もうほぼ一ヶ月になるので死んでしまったのだろうと思っています。生まれた時から知っているし、ほぼ毎日見ていたのでなんだかさみしい昨今です。

最近は口内炎のせいか、なかなかものが食べられなくなっていて、何度か獣医さんに事情を話し抗生物質をもらったりしていたのですがそんなんでは効かないよね。捕まえて連れて行くことも考えないではなかったのですがどうしても捕まえることは出来ませんでした。
小鉄の叔母猫
上の写真の奥に写っているもう一匹の猫はいなくなった猫にべったりでいつも一緒でした。母ともしたう猫がいなくなってどうするのだろう?と思っていたのですがあちこち探しに行ったようで、しばらく見ないなっと思っていたら、かなりやつれて戻ってきました。ペットもペットレスになると尊敬する獣医さんのsanaeちゃんから聞きました。
やっと最近、ごはんも食べるようになったのですが生まれてずっと一緒だった猫がいなくなってさぞ心細いことだろうとお察しします。(^_^;

野良猫ってどこで死ぬのでしょう? sanaeちゃんに聞いてみました。
人に見つからないところで死ぬはずで、きっと縁の下のあるお寺とか古いおうちだろうと。また動物は(人間以外)自分の死期を淡々と受け止めて、その時期が来たらそれを悟り適切な場所へ行って死ぬということでした。動物の全てが(人間以外)そうするのだそうです。

スーパーのお刺身を見る度に思い出す、刺身好きの猫の話です。
posted by ichimi at 14:24| Comment(0) | Dog&Cat

2015年11月10日

飼わない?

ご近所の猫つながりの知り合いが二人こられて「猫を拾ったから飼わない?」らしいです。
私は飼いません!と決まっているのですがもらいてを探さないといけないのでチラシを作ることに。特に忙しいこともないのですが暇ってこともないので時間かかるしいややん。と思いつつ写真を撮りに行ってデザインや文言はあちこちwebからちょっとパチって作りました。
里親募集(←PDFが開きます)

チャトラ
飼って下さる方いらしたらコメント欄に書いて下さい。と言っても手渡し出来る人限定なので無理でしょうか。そもそもそういう方がいらっしゃるとは思えず.... この子の運命はどうなるのでしょう。きっと今世話をしているTさんが飼われることになるんだろうな?

火曜日と木曜日は八百屋さんの日なのでトコトコ歩いてローソン横まで。(やっと来た東京駅開業100周年記念Suicaの支払いもすませてきました)
落ち葉
アスファルトの上の落ち葉を踏むとツルっと滑りそうになるので、気をつけて下さいまし。


posted by ichimi at 20:41| Comment(0) | Dog&Cat

2015年09月10日

下がり目?

まだ「追憶の回廊」の1個目しか進めてない状況でグズグズしているのですが、現実世界としてはちょっと前から変な顔の猫が裏を通って行きます。
トホホの目
目が下がってるように見えてしまうのは気のせいかしら? そしてかなり細目。毛の色合い加減でちょっとおかっぱに見えたりして。なにせ汚くて細くて。あまり人間を怖がっていないので飼われていて逃げてきたか捨てられたか? とにかく不憫な感じです。と言っても私はどうしようもないのですが。


posted by ichimi at 18:36| Comment(0) | Dog&Cat

2014年11月10日

治ったかも

知っている人は知っている話題ですが(約二名)うちの小鉄の叔母にあたる野良猫が病気ですの。(12歳)
たぶん鼻炎と口内炎。ずいぶん前からそうだったと思うのですが食欲はあるし心配していませんでした。ところが最近全くごはんが食べられなくなった様子。お口がよっぽど痛いのでしょうか。(でも目は死んでいないので生きる気まんまん)ほおっておいてもそのうち治るか、はたまたお歳もいってるし野良だから仕方ないかと(死んでしもても)は思っていたのですが。(割と冷たい)
約一名『なんとかしてやらなあかん!』と強く思っている人がいまして、どうしても捕まえて獣医さんに連れていくぞと.......。先日もご近所の方々と出し合って他の野良猫♂の去勢手術をしたとこですねんけど。
で、捕まえようと試みたのですが慣れているとは言え、そこは野良猫、捕まえられる訳もなく......悪戦苦闘。


そこで登場 かの有名な(私にだけ)獣医さんですがな。
症状をファックスで送ってみたところ、すぐに電話をかけてきて下さってお薬をだして下さることになりました。
飲み薬
鼻炎に効くお薬と口内炎に効くお薬です。中でもなるべく苦くないものを選んで下さいました。人肌に温めた牛乳にお砂糖入れよーく混ぜて飲ませてみました。
苦いしあかんかなっと思っていたのですがなんのその、めちゃくちゃ早い勢いで飲みます。もしかして牛乳好き?(人間用の牛乳は猫や犬にはあまり良くないのですがこの際言うてられへんと獣医さんも言いました)
今日でお薬も残すところあと一包ずつになりお口もほとんど痛がらず、鼻炎はまだ完治してない様子ですが食欲もバリバリあって元気になってきました。
おばちゃん
今日などは良いお天気なのでお日さんが当たるうちの裏で猫用ドームに入って寝ています。なんとかちょっと一安心、やれやれのご報告です。(誰に?)


posted by ichimi at 19:04| Comment(2) | Dog&Cat

2014年07月01日

11歳

今日は小鉄の11歳の誕生日でした。
昼間は二階の物干し前の部屋で網戸ごしに外を眺めたりお昼寝したりしています。
写真はさっき薄暗くなってしまってから急に思いついて撮りました。
小鉄の誕生日
小鉄のお陰で猫のこと色々知ることが出来ました。それまでは祖母や母に埋め込まれていた概念しかなかったのですが、いろいろと考え方を変えてくれた生きものです。
小鉄の誕生日
ということでなんとか7月が始まりました。バタバタしていろいろやらかすかもしれませんがみなさま大きな心で見守って下さい。(ってなんのこと?)


posted by ichimi at 20:02| Comment(2) | Dog&Cat

2014年02月17日

ガブっとかまれた

うちの小鉄さんは生後1週間でやってきたのですが、(その時の様子↓生まれたて)
小鉄
犬のことしか知らなかった私は何をどうしていいやらさっぱりわからず3時間おきにミルクを与える以外はタオルを敷き詰めた段ボールにほりこんでおきました。スキンシップも必要かと思いましたが母親みたいに全身をなめてやることは出来ないので顔と顔でスリスリしたりして。
ミルクを飲んでおしっこをしたあとなど、ブブブブいうのでこれは鼻が悪いと決めつけ鼻に薬をたらしこんだりして。(単に喉をならして満足音を出していただけなのですが)
小鉄
11歳の小鉄
といろいろ書こうと思ったのですが(先日猫自慢をくどくどされたことなど)うまくまとまらないので今日はこの辺で。


posted by ichimi at 20:57| Comment(4) | Dog&Cat

2013年12月31日

猫総集編

過去の掲載と重なる写真もあるかと思いますが今年の猫たちを思い出してみようかと。
疎水の住人

衝撃的な出会いだった耳なし芳一くん。(野良)
耳なし芳一
下はうちの裏に突然やってきた雄猫ですが憎めない人格(猫)で愛想よしでどうしよう?と思っていたのですが、ほん近所の猫好きさんが飼ってくださって、今はぬくぬくと暖かいお部屋で暮らしているそうです。
愛想のよい子

うちの裏の住人(網戸ごし)、首の皮膚病もすっかり治り、抜けかかっていて、もだえ苦しんでいた歯も抜けきってしまってごはんモリモリになりました。小鉄の叔母にあたる猫。
網戸ごし

先日も偶然飼い主の方にお会いしましたが元気にしているそうでよかったよかったナンちゃん。もう脱走したらあかんよ!
ナンちゃん
最後は小鉄さん。ぬぁんと昨日体重計ったら5.8kgもあったです。もうちょっと痩せんとあかんのと違う?どうしましょ。
小鉄
ということで動物の皆々様よいお年をお迎え下さい。


posted by ichimi at 16:04| Comment(2) | Dog&Cat